2020.3.3 ポンド円相場本日の値動き予想・シナリオ

ポンド円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。
FX-ONの投資ナビで販売中!!





ポンド円予想 インジケータ―・相場の原理原則を使ってみた

この記事は投資ナビで月額1000円で販売中です。

この記事の<エリオット波動>や<チャートパターン>で登場する相場の原理原則(インジケーター及びEA)は、フラッグペナント、レンジや三角持合いなどのチャートパターン及びエリオット波動の波動と目標レートをチャート上に表示することが可能です。

手仕舞いのポイントの精度の高さを、この記事でご確認下さい。

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円4時間足チャート

2ヶ月近く揉み合ったゾーンを抜けてきましたが、今度は逆にこのゾーンがレジスタンスとして機能してくる状況になっています。 139円半ば辺りは、かなり戻り売り圧力が強いと見積もっています。 ダウが一時700ドルの超急伸があったようなので、もしかしたら、その影響が出るかも知れません。

<値動き予測>

<エリオット波動>

<チャートパターン>

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円15分足チャート

エリオット波動が出ていますが、まだこの波動は下降エリオット波動なのか微妙なところがあります。 というのは、

前回、黄色いゾーン手前で第5波が終わって、黄色いゾーンは調整波ではないかと推測していますが、もしかしたら、現時点の辺りが第5波で、今が調整波の可能性もあるかもしれません。

その場合、今の下降エリオットの起点を上抜いてくる可能性があります。

<エリオット波動>
・大きな波動

・小さな波動

<チャートパターン>

ポンド円の展開予測

一気に調整なしで落ちてきましたので、戻りが発生する可能性があります。 ただ、その戻りが発生した場合も、2ヶ月近く揉み合ったゾーンである139.300~140.750が強いレジスタンスとして機能するイメージがあります。

この予想に登場しているインジケーター

この右のインジケーターは相場の原理原則インジケーターです。
詳細は、こちらまで




記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。