2020.12.3 ポンド円相場本日の値動き予想・シナリオ

ポンド円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。
FX-ONの投資ナビで販売中!!

ポンド円予想 インジケータ―・相場の原理原則を使ってみた

この記事は投資ナビで月額1000円で販売中です。

この記事の<エリオット波動>や<チャートパターン>で登場する相場の原理原則(インジケーター及びEA)は、フラッグペナント、レンジや三角持合いなどのチャートパターン及びエリオット波動の波動と目標レートをチャート上に表示することが可能です。

手仕舞いのポイントの精度の高さを、この記事でご確認下さい。

<ポンド指数・日足>

<円指数・日足>

※チャートはhttps://jp.tradingview.com/のモノを使用しています。

<ポンド円・日足チャート>

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円4時間足チャート

ポンド指数・円指数ともに下落し、ポンド円は円高方向に振れていきました。

両指数ともに揉み合いになりそうなチャートの状況であるため、ポンド円も、方向感がない状態が続く可能性があります。

揉み合いになった場合、140.136~140.745のゾーン辺りか、または139.000~140.150のゾーン辺りで揉み合いになる可能性があります。

逆にトレンドが発生した場合は、U字型のチャートパターンの目標値142.469のライン辺りか、チャートパターン完成失敗で137.769のライン辺りまで動いてくる可能性があります。

<値動き予測>

<エリオット波動>
・下降エリオット

・上昇エリオット

<チャートパターン>

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円15分足チャート

上位時間軸の状況から、「W」型完成したか市場が判定するために揉み合いになる可能性があります。

<エリオット波動>

ポンド円の展開予測

指数の状況的には揉み合いになりそうな雰囲気がありますが、ポンド指数は、大きなGU・GD発生で一気に動くことも多いので、ファンダメンタルズの変化があったばあいは、トレンドが発生して一気に動く可能性があります。

チャートの状況的には、5.5:4.5で上方向に動く公算がやや高いとみています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください