2020.12.28 ドル円相場本日の値動き予想・シナリオ

ドル円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。

裁量トレードで勝つためのシナリオ

値動きのイメージについて、記事にします。
仕掛けと手仕舞いは読者の皆様で考えてください。

シナリオに登場する用語リンク

エリオット波動
フラッグ
ペナント
三角持ち合い
ダブルボトム
ダブルトップ
ヘッド&ショルダー
サポート、レジスタンス

本日ドル円予想 ドル円の値動きのシナリオを構築してみる

(メルマガ配信日時 2020.12.28 05:24)

<ドル指数・日足>

<円指数・日足>

引用:https://jp.tradingview.com/

ドル円日足チャート

ドル円4時間足チャート

ドル指数・円指数ともに小さく下落。
ドル円は上昇してきました。

指数の状況を見ると、ドル指数が揉み合ってきそうなのに対し、円指数はチャネルラインの下に動きそうな雰囲気があります。

円指数は十字線になっていますが、この安値を割ってくると、下方向に動きそうです。

なので、指数の状況としては円安方向に動きそうな雰囲気がありますが、ドル円のトライアングル上抜けの目標値まで届いてくるかどうかは微妙な気がします。

イメージ的には、チャートパターンの目標値辺りに到達後、腰折れをするのではないかとみています。

<値動き予測>

<エリオット波動>

<チャートパターン>

ドル円15分足チャート

106.625のラインに支えられ、切り返そうとしています。

引きで見ると、トライアングルを形成していますが、ここをブレイクしてくるかが焦点になりそうです。
<エリオット波動>
・大きい波動

・小さい波動

展開予測

円指数が下落余地が大きいため、円指数の動きによっては、相場が円安方向に動く可能性があります。

ただ、ドル指数も揉み合いの状態ですが、ブレイクしてもおかしくないので、ブレイク方向が上であれば相場が大きく動く可能性が。

方向が下であれば相場は動かない可能性があります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください