2020.11.9 ポンド円相場本日の値動き予想・シナリオ

ポンド円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。
FX-ONの投資ナビで販売中!!

ポンド円予想 インジケータ―・相場の原理原則を使ってみた

この記事は投資ナビで月額1000円で販売中です。

この記事の<エリオット波動>や<チャートパターン>で登場する相場の原理原則(インジケーター及びEA)は、フラッグペナント、レンジや三角持合いなどのチャートパターン及びエリオット波動の波動と目標レートをチャート上に表示することが可能です。

手仕舞いのポイントの精度の高さを、この記事でご確認下さい。

<ポンド指数・日足>

<円指数・日足>

※チャートはhttps://jp.tradingview.com/のモノを使用しています。

<ポンド円・日足チャート>

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円4時間足チャート

ポンド指数は変わらず、円指数は上昇し、結果としてポンド円は、わずかですが下落してきました。

現在、右肩下がりの黄色いトレンドラインが意識されて頭を押さえられ、黄色い水平線の範囲でレンジを作っています。

このレンジをブレイクしてくると、80PIPSのエネルギーがあるということで、上抜けで136.606のライン、下抜けで135.050付近まで動いてくることが予想されます。

上抜けした場合については、再び黄色いトレンドラインが、今度はサポートとして機能するかテストされることが予想されますが、ここで黄色いトレンドラインを割らなければ、大きく上昇する可能性があります。

<値動き予測>

<エリオット波動>

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円15分足チャート

現在、135.500~136.200付近でレンジを形成している状況です。

ここの目標値では、上抜けで136.487、下抜けで135.208になっていますが、ここからもう少し、10~15PIPSほど伸びてきそうなイメージです。

<チャートパターン>

ポンド円の展開予測

ポンド指数と円指数が連動して同じ方向に動いているため、若干わかりづらい状況になっています。

バイデン勝利が濃厚となってきていますが、これがしばらく影響してくるように思います

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください