2019.5.17 ドル円相場本日の値動き予想・シナリオ

ドル円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。




裁量トレードで勝つためのシナリオ

値動きのイメージについて、記事にします。
仕掛けと手仕舞いは読者の皆様で考えてください。

シナリオに登場する用語リンク

エリオット波動
フラッグ
ペナント
三角持ち合い
ダブルボトム
ダブルトップ
ヘッド&ショルダー
サポート、レジスタンス

本日ドル円予想 ドル円の値動きのシナリオを構築してみる

本当は動画にするかどうか迷ったんですが、これを放置して、同じような犠牲者がという気持ちもあって公開することにしました。
実体験は全て実話です。

10年ほど前、トヨタのヴィッツ(4輪駆動の仕様)を北海道のレンタカーで借りた時の話です。
実際にアクセルが戻らなくなって、ブレーキが効きにくくなるという事象を経験しました。

しかも、この同様の事象が1日に5回以上、妻のも合わせると10回以上発生したのです。
つまり、気のせいとかアクセルとブレーキの踏み間違いでは絶対にないということです。

1回だけの発生なら、「もしかしたら、アクセルとブレーキの踏み間違えたかな?」っで終わった話になったのですが、それは、1日に何度も複数回にわたって発生しました。
その後、トヨタ車のリコールとかを気にしていました(当時の自家用車もヴィッツだったため)が、米国でアクセルが戻らなくなる事案を聞いたとき、「やっぱりなと思いました。」
ただ、公式発表で日本で販売された車両は大丈夫だとあり、当時何かの番組で青山繁晴さんが「トヨタのこのリコール問題で特に直さなければならない不具合はなかったと関係者から聞いた」と発言をされていたので、その日のうちに青山さんのブログに、情報提供している関係者はあまりアテにしない方が良い」と書き込んでもいました。

そして、1ヶ月ほど前に池袋の事故が起こり、先日は千葉の公園にプリウスが突っ込んできたという報道を目にし、黙っていられなくなりました。
この記事が、不具合改善の何らかのヒントになればと思います。

どなたかトヨタの車の部品関連に詳しい方に読んで頂ければと願います。

もし、フロアマットが原因であるなら、ヴィッツで発生した事象がプリウスに引き継がれるのはおかしいです。
1 アクセルが戻らなくなり、感覚的に誰かがアクセルを床まで踏みこまれた感じ(当時は幽霊の仕業かと思ったほど)
2 アクセルの回転数が上がったためか、高回転をしていそうなエンジン音(レーシングカーのような音)
3 ブレーキの効きが甘く、相当強く踏み込まないと制動されない。

ヴィッツ(4駆、もしかしたら寒冷地仕様?)のアクセルやブレーキを制御したりする部品とプリウスの部品で共通するモノはないでしょうか?

詳細の状況説明は動画内で行っていますので、動画をご視聴下さい。

(メルマガ配信日時 2019.5.17 05:57)

ドル円4時間足チャート

ペナントを上抜けしてきました。
値動きの予想についてはチャートに描画しているとおりです。

<値動き予測>
ドル円予測,本日,シナリオ

<エリオット波動>
ドル円予測,今日,シナリオ

ドル円15分足チャート

上抜けしてダブルボトムの形になろうという状況です。
エリオット波動、チャートパターンのそれぞれの目標値が出ています。
<エリオット波動>
ドル円,値動き予測,今日

<チャートパターン>
ドル円,値動き予測,本日

展開予測

Wトップが完成した場合、107円台前半までの下落が予想されるため、完成かどうかの判定に時間が掛かそうです。
4時間足の調整波、15分足でエリオット波動とダブルボトムになっています。

記事のシナリオを、毎朝06:00頃までにメール配信します。

このドル円の値動きのシナリオは、毎朝大体、06:00前にメール配信しています。

長い時間軸でトレンドを把握して、当サイトの主力ツールである相場の原理原則を活用しながら、15分足ベースでの予想をアウトプットしています。



USDJPYの値動き
リアルタイムのUSDJPYの値動きです。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で