【精密分析】原油先物の見通し・予想 12月26日~【エリオット波動】

裁量トレーダーを補助するツール「相場の原理原則EA」を使って、短期時間軸の日経225先物、金先物、原油先物の値動きや目標値をアウトプットしていきます。
主なアウトプットの方法としては、フラッグやペナントなどのチャートパターンか、エリオット波動によって目標値を出していきます。

動画

https://youtu.be/V3Sjv3e8Tiw

原油先物

原油先物については、週足・日足で環境認識をし、短期時間軸の分析精度を高めるというイメージで記事にしています。

週足チャート

週足については、大きい時間軸では下目線です。
下目線の理由は、トレンドラインを突破した後、テクニカル的に見積もられる値幅まで上昇しなかったことで下降トレンドの特徴が出ている点と、角度の浅い右肩上がりのチャネルラインが形成されていると言うことで、大きな時間軸で見ると弱気相場で見られる上向きフラッグの形になっている為です。

ただし、短期時間軸では、チャネルラインが上向きであるため、しばらく上昇が続きそうなイメージです。
原油先物,環境認識

日足チャート

日足については、三角持ち合いを上抜けしつつある状況です。
週足の分析から、現在の価格帯はチャネルラインの下部に位置しているため、この上抜けは本物である可能性が高いとみています。
しばらく72.07に向けて上昇が続いていきそうですが、66.13付近にレジスタンスが存在しているため、その辺りで揉み合いになると想定しています。
原油先物,環境認識

1時間足チャート

エリオット波動の第5波まで到達している状況でのペナントということで、どちらかというと下に抜けるのかなというイメージでした。
ペナントブレイクの目標値は、上抜けで61.80付近。下抜けで60.10を想定していました。

前回の分析・予想

原油先物,テクニカル分析

前回の分析・予想の結果

結果については、一度、ペナントを上抜けしたもの買いが続かず、息切れをして結局ペナント上抜けは騙しに終わった形になって、当初、予想していた下抜け目標値60.10付近の60.000まで下落してきました。
原油先物,テクニカル分析

今後の分析・予想

今後の予想としましては、年末で閑散としている状況ということもあり、値幅は狭くなるイメージです。
今の状況からは、恐らく61.50付近まで上昇してくるのではと予想しています。
原油先物,予想

[cc id=39251]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください