2019.11.1 ポンド円相場本日の値動き予想・シナリオ

ポンド円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。
FX-ONの投資ナビで販売中!!

ポンド円予想 インジケータ―・相場の原理原則を使ってみた

この記事は投資ナビで月額1000円で販売中です。

この記事に登場する相場の原理原則(インジケーター及びEA)は、フラッグペナント、レンジや三角持合いなどのチャートパターン及びエリオット波動の波動と目標レートをチャート上に表示することが可能です。

このEAは、こちら条件付きで無料配布しています。
環境認識仕掛けるポイント及びEAに搭載された手仕舞いロジックユーザーが判断あるいは選択し、そのユーザーが立てた作戦に基づきトレードを自動で実施するという考え方のEAです。

当サイト経由でXM口座開設+入金+同意書送付→無料EA受け取る→当月1回でもトレード→ポンド円の記事を1ヶ月間無料購読可能です。

手仕舞いのポイントの精度の高さを、この記事でご確認下さい。

それでは、チャートの右側で、どのように表示されているか、確認をしていきましょう。

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円4時間足チャート

ペナントを上抜け後、139.050~140.300のレンジを形成してきています。
昨日は一旦上抜けしましたが、その後、140.300がサポートとして機能せず、再びレンジに戻ろうという状況になっています。
レンジブレイク後の値動きは、125PIPS辺りになると思います。

<値動き予測>

<エリオット波動>

<チャートパターン>

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円15分足チャート

レンジの期間が長くなってきていますが、やや右肩上がりに推移しています。
ブレイクしたときは、一気に動く可能性がありますが、上下、それぞれの目標レートは、4時間足のチャートパターンの目標レートになりそうです。

<エリオット波動>

ポンド円の展開予測

全般的な流れとしては、依然として上方向の可能性が高いとみています。
相対的に円が強くなっていますが、今まで弱かった分の揺り戻しの可能性が高い感じがします。

ただ、英国は潜在的なファンダメンタルズ要因の危険性を内包していますので、先入観を持たず、負けを認める場合のシナリオも用意しておかないと、危険だと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください