2018.12.4 ポンド円相場本日の値動き予想・シナリオ

ポンド円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。
FX-ONの投資ナビで販売中!!
(単品販売です。月連載ではありませんのでご注意ください。)




ポンド円予想 インジケータ―・相場の原理原則を使ってみた

この記事は1記事売りきりになりますのでご注意ください。

この相場の原理原則(インジケーター及びEA)は、フラッグペナント、レンジや三角持合いなどのチャートパターン及びエリオット波動の波動と目標レートをチャート上に表示することが可能です。

それでは、チャートの右側で、どのように表示されているか、確認をしていきましょう。

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円4時間足チャート

4時間足の状況は、フラッグを下抜けしたものの、ダブルボトムのネックライン付近手前の直近安値を割り切れずに戻してきている状況です。
現在、前回揉み合いになったゾーンの一番下のポイントで揉み合いになっていますが、この揉み合いを上抜けすると、前回揉み合いになったゾーンの一番上のポイント付近まで、下抜けすると、恐らく直近安値を割ってくるのではないかと見ています。
ポンド円予想,本日

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円15分足チャート

今は前回揉み合いになったゾーンの一番下のポイントでフラッグのようなチャートパターンを形成しています。
このフラッグが上にブレイクした場合は、上のピンク色の辺りまで、下にブレイクした場合は、下の水色の辺りまで動く可能性があります。
目線については、今までの値動きの流れから、ややショートが優勢なのではないかと見ていますが、下向きフラッグなので、チャートの教科書的には上に動く可能性がやや高いという状況です。

相場の流れ⇒下目線
チャートの形状⇒やや上に行く可能性が高い。

これらから想像すると、一回、もしかしたら上に行くかもしれませんが、ピンク色の所まで到達しなければ、揉み合いに復帰せず、一気に下落するのかもしれないなと飽くまで推測ですがイメージをしています。
ファンダメンタルズの大きな変化がない限り、上に行ったら叩かれる感じでしょうか?

ただ、上抜けがピンク色の所まで来たら、そのまま再び揉み合いになるかもしれません。
ポンド円予想,本日

ポンド円の展開予測

4時間足の赤色の矢印の動きになるのかなとイメージしていますが、ネックラインの攻防になりますので、大きなバイーンが発生する可能性が高いゾーンにいます。
入るのを見送るか、上げて来たらリスクを決めてショートで叩いていくのが教科書的な戦い方だと思います。
下に行くという先入観で決めつけるのではなく、上に行く場合は、ここまで来たら、このくらいのリスクがあるので、損切りをするというリスクをいかにコントロールするかというイメージが大切です。

ポンド円の値動き

この有料記事は、アフィリエイター登録で安くなります。

ポンド円のシナリオは、アフィリエイト報酬を70%に設定しています。
1記事400円⇒280円返ってきます!
この機会にアフィリエイター登録はいかがですか。(バナーをクリックしてください。)

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!

FX投資情報コミュニティfx-on.com





にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村


FXデイトレードランキング

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で