2018.12.3 ポンド円相場本日の値動き予想・シナリオ

ポンド円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。
FX-ONの投資ナビで販売中!!
(単品販売です。月連載ではありませんのでご注意ください。)




ポンド円予想 インジケータ―・相場の原理原則を使ってみた

この記事は1記事売りきりになりますのでご注意ください。

この相場の原理原則(インジケーター及びEA)は、フラッグペナント、レンジや三角持合いなどのチャートパターン及びエリオット波動の波動と目標レートをチャート上に表示することが可能です。

それでは、チャートの右側で、どのように表示されているか、確認をしていきましょう。

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円4時間足チャート

4時間足を見る限り、ロンガーがやや不利の状況に思えます。
ここからロング優勢になるためには、4時間足の終値でこの揉み合いを上抜け突破していかなければなりません。上抜け突破できれば、緑色の矢印の先までの戻りがある可能性があります。
このままズルズルと右肩上がりの赤色のトレンドライン・サポートまで下落すると、フラッグ完成の下落余地を大きく残す分、ダブルトップのネックラインになりえる攻防は、ロンガーがかなり不利になると見ています。

ただ、ポンド円は不安定なファンダメンタルズ要因を抱えています。
この予想に乗っかる場合も、しっかりロットを管理してください。絶対にフルレバを賭けるギャンブルは止めてください。

ポンド円予想,本日

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円15分足チャート

15分足を簡単におさらいすると、大体、金曜日の朝に立てていたイメージに近い動きになりました。
最初は上抜けする確率が高いものの、4時間足の終値でフラッグのチャネルラインまで復帰することは厳しいという予想でしたが、概ねその通りになったと思います。
あとは、市場がフラッグの下抜けと判定するのか、再び戻りが発生してペナントやレンジ、もしくはダブルボトムのなるのかになると思います。

イメージ的にはチャートの画像の通りになります。

ポンド円予想,本日

ポンド円の展開予測

もし、このままズルズルとネックラインまで下落した場合、ロングとショートがぶつかる攻防は、この後に動く値幅を考えると、かなり激しくなる可能性があります。
ショート持ちはこのネックライン辺りで一旦、一部か全部を利確して、下にブレイクしたら利確した分を増し玉を入れ、上にブレイクしたら全部玉を利確するというイメージを持った方がいいかも知れません。
ロング持ちは、フラッグが完成すると、142円台辺りまで下落するリスクがあると認識して、どこでフラッグ完成と市場が判定するのか、冷静に分析し、損切りするポイントを考えなければならない場面かもしれません。

いずれにしても、欲張らず、自分の都合の良い方向に行くという解釈をせず、計数的に勝負することが大切です。

ポンド円の値動き

この有料記事は、アフィリエイター登録で安くなります。

ポンド円のシナリオは、アフィリエイト報酬を70%に設定しています。
1記事400円⇒280円返ってきます!
この機会にアフィリエイター登録はいかがですか。(バナーをクリックしてください。)

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!

FX投資情報コミュニティfx-on.com





にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村


FXデイトレードランキング

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で