2018.12.12 ポンド円相場本日の値動き予想・シナリオ

ポンド円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。
FX-ONの投資ナビで販売中!!
(単品販売です。月連載ではありませんのでご注意ください。)




ポンド円予想 インジケータ―・相場の原理原則を使ってみた

この記事は1記事売りきりになりますのでご注意ください。

この相場の原理原則(インジケーター及びEA)は、フラッグペナント、レンジや三角持合いなどのチャートパターン及びエリオット波動の波動と目標レートをチャート上に表示することが可能です。

それでは、チャートの右側で、どのように表示されているか、確認をしていきましょう。

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円4時間足チャート

昨日予想していた通り、最初戻してから叩かれて下落するという値動きになりました。
サイト管理人は、あまりテクニカル指標をアテにしないのですが、RSIは比較的信用しています。

特に相場の動きに先行するという特性は、チャートの右側で勝負するトレーダーにとってはありがたいです。
さて、ポンド円ですが、黄色い矢印のフラッグの下落余力まで落ちた後、揉み合いが長かった価格帯で一旦弾かれた状況になっています。

4時間足の終値で直近安値を割ってくると、恐らくこのゾーンで揉み合いになる可能性が高いです。
少なくとも、一発でこのゾーンを抜くことは難しいと見ています。

ポンド円予想,本日

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円15分足チャート

白い破線のところをフラッグと仮定すると、相場の原理原則的な考え方で行くと、揉み合いやチャートパターンを抜けた波動がエリオット波動の第1波になります。

直近安値か直近の安値の実体を抜けてくると、エリオット波動の第3波まで行く可能性があります。
勿論、現在のチャート形状だと、141.500~142.750のレンジになる可能性もあります。
ポンド円予想,本日

ポンド円の展開予測

暫く様子を見て、直近安値を4時間足の終値で抜けてくるようであれば、レンジの範囲を見極めてから下の方でロング、上の方でショートをする作戦が。
直近安値を抜けきらず、戻してくるようであれば、142.750付近まで待ってショートが手堅い作戦に思えます。

ダブルトップ完成をしているため、ロングをする場合はロットの管理をナーバスになるくらいにするか、しっかりとリスクを決めて戦うことが重要です。
ショートをする場合も、相場に絶対はないということを念頭において、リスク管理を徹底すると、ボラティリティの大きいポンド円も恐れずにトレードできると思います。

ポンド円の値動き

この有料記事は、アフィリエイター登録で安くなります。

ポンド円のシナリオは、アフィリエイト報酬を70%に設定しています。
1記事400円⇒280円返ってきます!
この機会にアフィリエイター登録はいかがですか。(バナーをクリックしてください。)

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!

FX投資情報コミュニティfx-on.com





にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村


FXデイトレードランキング

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で