ポンド円GBPJPY

ポンド円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。
FX-ONの投資ナビで販売中!!
(単品販売です。月連載ではありませんのでご注意ください。)




ポンド円予想 インジケータ―・相場の原理原則を使ってみた

この記事は1記事売りきりになりますのでご注意ください。

この相場の原理原則(インジケーター及びEA)は、フラッグペナント、レンジや三角持合いなどのチャートパターン及びエリオット波動の波動と目標レートをチャート上に表示することが可能です。

それでは、チャートの右側で、どのように表示されているか、確認をしていきましょう。

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円4時間足チャート

12/7の記事で予想していたフラッグの下抜けブレイクの下落余力まで落ちました。

昨日は、ワードプレスのバージョンアップで、投稿エディターが超改悪で使いづらくなってしまって、更新が出来ず申し訳ありません。

一応、書きかけていた記事の一部をツイッターで流していました。

これを機会にフォローしてみてください。

ポンド円予想,本日

4時間足チャートは、以前予想していた通り、あっさりネックラインを割り、フラッグの下落ポイントまで落ちてきている状況です。

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円15分足チャート

相場に一致もしくは先行する性質のあるRSIが、レジスタンスラインを突破することを示唆しています。
ちょっと強いですね。

多分、緑色のレジスタンスは抜けてくるように思います。

ポンド円予想,本日

ポンド円の展開予測

展開の予想としては、本日は最初はある程度戻してくると思いますが、それでもネックラインより上に出るのは難しいと見ています。
どこまで戻すかは、このチャートからは分からないので、再び下落する予兆が見えるまでは様子を見て、そこから入るのが手堅いと見ています。
戻りの起点を狙うのがいいかも知れません。

この予想に登場しているインジケーター

この右のインジケーターは相場の原理原則インジケーターです。
詳細は、こちらまで




記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。