ポンド円GBPJPY

ポンド円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。
FX-ONの投資ナビで販売中!!
(単品販売です。月連載ではありませんのでご注意ください。)




ポンド円予想 インジケータ―・相場の原理原則を使ってみた

この記事は1記事売りきりになりますのでご注意ください。

この相場の原理原則(インジケーター及びEA)は、フラッグペナント、レンジや三角持合いなどのチャートパターン及びエリオット波動の波動と目標レートをチャート上に表示することが可能です。

それでは、チャートの右側で、どのように表示されているか、確認をしていきましょう。

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円4時間足チャート

145.465というレートに昨日から注目をしていたのですが、実体で超えてきました。
この時点で、ペナントやレンジを否定されましたので、次の可能性的にはフラッグか青色破線のチャネルラインを破って上昇トレンドになっていくかだと思います。
ここで少し気になるのがドル円です。
ドル円のRSIが70を超えて過熱感が出てきていますので、30~40PIPSクラスの調整が、どこかであるのではないかと見ています。
それにポンド円がつられてしまう可能性があります。
ポンド円予想,本日

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円15分足チャート

15分足を見ると、レンジの揉み合いになっている状況です。
揉み合いを上抜けると、4時間足のレジサポがあるライン145.950付近まで来るというアウトプットが出ていますが、この揉み合いブレイクのリスク・リワードがあまり高くないので、ブレイクで入るのは余り美味しくはなさそうです。
ポンド円予想,本日

ポンド円の展開予測

4時間足の青色破線のチャネルラインを越えられるかどうかだと見ています。
超えられなければ、チャネルラインを往復するフラッグの形になっていくと見ています。
超えれれば、恐らく149円辺りまで値を伸ばしてくるかもしれません。

この予想に登場しているインジケーター

この右のインジケーターは相場の原理原則インジケーターです。
詳細は、こちらまで




記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。