2018.10.31 ポンド円相場本日の値動き予想・シナリオ

ポンド円GBPJPY

ポンド円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。
FX-ONの投資ナビで販売中!!
(単品販売です。月連載ではありませんのでご注意ください。)

ポンド円予想 インジケータ―・相場の原理原則を使ってみた

この記事は1記事売りきりになりますのでご注意ください。

この相場の原理原則(インジケーター及びEA)は、フラッグペナント、レンジや三角持合いなどのチャートパターン及びエリオット波動の波動と目標レートをチャート上に表示することが可能です。

それでは、チャートの右側で、どのように表示されているか、確認をしていきましょう。

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円4時間足チャート

揉み合いを継続していますね。
ドル円が強かったので、釣られるかと思ったら、そうではありませんでした。

チャートをぱっと見た感じのイメージは、赤い枠のゾーンを4時間足の終値でブレイクすると、青色のライン辺りまで動く様なイメージを持っています。
いずれにしても、4時間足の終値を見ておかないと、騙しに会う確率が高いように思います。
ポンド円予想,本日

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円15分足チャート

第5波に到達後、a~c波の調整も終わり、143.350~144.350(赤い水平線参照)の範囲で100PIPS幅のレンジを形成して来ているかもしれません。
レンジの上端・下端で勝負したいですね。

ポンド円の展開予測

143.350~144.350のレンジになると予想します。
それぞれのレンジの上端・下端でエントリーするトレーダーが多いと見ますが、下に動く可能性がやや高いと考えれば、上端近くでショートを仕掛けるのが手堅いかもしれません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください