2018.10.2 ポンド円相場本日の値動き予想・シナリオ

ポンド円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。
FX-ONの投資ナビで販売中!!
(単品販売です。月連載ではありませんのでご注意ください。)




ポンド円予想 インジケータ―・相場の原理原則を使ってみた

この記事は1記事売りきりになりますのでご注意ください。

この相場の原理原則(インジケーター及びEA)は、フラッグペナント、レンジや三角持合いなどのチャートパターン及びエリオット波動の波動と目標レートをチャート上に表示することが可能です。

それでは、チャートの右側で、どのように表示されているか、確認をしていきましょう。

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円4時間足チャート

4時間足チャートですが、上抜けで一瞬大きく上に走りましたが、多くの三角持合いブレイクで見られるように、ブレイクした起点の所まで戻してきました。
今は「上値を押さえるトレンドライン」が上値として意識されている状況です。

ここを超えてくれば、このトレンドラインが今度はサポートとして機能するようになりますので、上に走り易くなるとは思います。
ただ三角持合いブレイクは、騙しが多いチャートパターンです。
気を付けるポイントは、4時間足で見て、一番下の白い破線のトレンドラインを終値で割った場合、この三角持合いブレイクが騙しに終わる可能性が高くなるように思います。
ポンド円予想,本日

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円15分足チャート

まずは、黄色い右肩上がりのトレンドラインが結構重要です。
ここを割ってくると、次のポイントが白い破線の水平線のポイントです。ここを15分足の終値で割ると、恐らく、チャートの一番下の青い枠の所まで落ちる可能性があります。

ロンガーは、ここを意識してロングしてきますし、ショートはここを割らせようとショートを入れてくるポイントになります。
様子見のトレーダーは、勝った方についてくるので、勝負が決するまで待ってもいいかも知れません。
ポンド円予想,本日

ポンド円の展開予測

4時間足チャートで三角持合いを上にブレイクしています。
ロング優勢になると思いますが、しばらくこのブレイクが本物かどうかの判定のため、148.450~149.000のレンジで揉み合いが続くと見ています。



USDJPYの値動き
リアルタイムのUSDJPYの値動きです。





にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村


FXデイトレードランキング

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で