2017.11.9 FX(外国為替)ドル円相場本日の展開予想 ~FXの勝ち方~

ドル円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。



裁量トレードでFXで勝ち続けるためには、しっかりとした戦略を立てることが重要

FXで裁量で勝つためには、近い将来、どういった時にどう動くべきかをイメージしていないと勝つことができません

「そんなことわかる訳がない」
「専門家でないと無理」

と思われている方。当サイトの読者になって、記事と結果をウォッチしてみてください。
そのシナリオの驚くべき程高い予測精度に間違いなく気づかれるはずです。

それでは、前置きはこのくらいにして、戦略の基礎となる値動きのシナリオを立ててみましょう。

ドル円予想 前回のドル円の値動き予想を振り返る

最近、お香に凝り過ぎて、家の中がタイ古式マッサージ店のような状況になってしまいました(笑)
精神的にリラックスした状態で、ツイッターでチャートから発信された情報に気付いたら、逐次、情報発信していけたらと思っています。

↓こんな感じですね。ツイッターもフォローしていて損はないと思います。たま~に株もツイートしてますから。

前回は、いつも通りでした。
未来人が書いているのかというくらいのドンピシャの精度で的中

前回ドル円予想 2017.11.8 07:50投稿シナリオ(画像クリックで記事に飛びます。)

FXの勝ち方

前回ドル円予想 2017.11.8 ドル円15分足チャート

FXの勝ち方





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








本日ドル円予想 ドル円の値動きのシナリオを構築してみる

ぱっと見ですが、かなりの確率で114.250辺りまで戻してくる可能性があると見ています。
逆に戻さなかったら、113.200辺りまで落ちる可能性があります。

11月6日~11月9日の間で、FX-Measureの配布を受けられた方へ

ElliotWave15Mの第1波最小値幅=MinWidth のパラメーターが初期値30ですが、これを10に変えてください。
チャートがすっきりします。ただし、ExpertsのFX-Measure15Mのパラは変えないで下さい。

<2017.11.9 07:20投稿>

●シナリオ1
113.750~900の揉み合いを上抜けした場合、114.000~050辺りまで上昇し、揉み合い。揉み合い上抜けで114.250~350辺りまで上昇。揉みあい下抜けか調整で113.750辺りまで下落。114.250~350辺りまで上昇した場合、一旦、113.950~114.050辺りまで調整。113.950~114.050辺りの調整で収まり、当時の高値を上抜いて来れば、115.000を超えてくる可能性があります。
●シナリオ2
113.750~900の揉み合いを下抜けした場合、113.650~550辺りまで下落し、揉み合い。揉みあい下抜けで113.450~400辺りまで下落。揉み合い上抜けか調整で113.900辺りまで戻す。113.450~400辺りまで下落した場合で、下への動きが強まれば、113.200~150辺りまで下落する可能性があります。

本日ドル円予想 ドル円の値動きのシナリオの結果

FXの勝ち方

FXの勉強したい方は、無料メルマガ会員登録!!

無料メルマガ会員に、FXに関するお役立ち情報を配信しています。
FX,メルマガ

FXで勝つために、裁量かシステムか

裁量とシステムにはそれぞれ長所と短所があります。

人間は、優位性のあるロジックを生み出すことが出来ますが、そのロジックと資金管理を感情に左右されず実行することが苦手です。

一方、システムは感情に左右されず、ロジックと資金管理をプログラムに応じて淡々と実行することが得意ですが、優位性のあるロジックかどうか試すことは出来ても生み出すことは出来ません。

アルゴリズムの進歩が著しい昨今、テクニカル指標を用いたシステムのロジックの寿命も短くなる傾向にあります。
そして、そのロジックも、実際に優位性があるものは、全体の約1%ほどしかないといわれています。

そのロジックが確かなものかどうか確認して頂くために、当サイトはシナリオを公開しています。

<スポンサーリンク>







記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で