2017.11.1 FX(外国為替)ドル円相場本日の展開予想 ~FXの勝ち方~

ドル円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。






FXで勝つために、裁量かシステムか

裁量とシステムにはそれぞれ長所と短所があります。

人間は、優位性のあるロジックを生み出すことが出来ますが、そのロジックと資金管理を感情に左右されず実行することが苦手です。

一方、システムは感情に左右されず、ロジックと資金管理をプログラムに応じて淡々と実行することが得意ですが、優位性のあるロジックかどうか試すことは出来ても生み出すことは出来ません。

アルゴリズムの進歩が著しい昨今、テクニカル指標を用いたシステムのロジックの寿命も短くなる傾向にあります。
そして、そのロジックも、実際に優位性があるものは、全体の約1%ほどしかないといわれています。

そのロジックが確かなものかどうか確認して頂くために、当サイトはシナリオを公開しています。

裁量トレードでFXで勝ち続けるためには、しっかりとした戦略を立てることが重要

FXで裁量で勝つためには、近い将来、どういった時にどう動くべきかをイメージしていないと勝つことができません

「そんなことわかる訳がない」
「専門家でないと無理」

と思われている方。当サイトの読者になって、記事と結果をウォッチしてみてください。
そのシナリオの驚くべき程高い予測精度に間違いなく気づかれるはずです。

このシナリオは、サイト管理人のテクニカル分析能力と、Stock-Measureという教材を使って作成しています。

裁量トレードで戦うという方の中で、エントリーロジックが出来上がっているのに、どこで損切りや利益確定をしたらいいか手仕舞うポイントが分からないという方には、Stock-Measureは非常に強力な武器となるでしょう。

ドル円予想 前回のドル円の値動き予想を振り返る

下抜けの騙しに引っかかり、様子を見ていたら、途中で113.000~200のレンジになっていることに気付きました。
様子見って大事ですね。

レンジ上抜け後の値動きは、ほぼ、シナリオと同じ動きになっていたと思います。

前回ドル円予想 2017.10.31 07:20投稿シナリオ(画像クリックで記事に飛びます。)

FXの勝ち方

前回ドル円予想 2017.10.31 ドル円15分足チャート

FXの勝ち方

本日ドル円予想 ドル円の値動きのシナリオを構築してみる

調整らしい調整なく、上げてきました。
このまま、114.000を超えてくるのか、一回調整を挟むか。
先入観なく、市場についていきたいと思います。

<2017.11.1 07:20投稿>

●シナリオ1
113.620~113.700の揉み合いを上抜けした場合、113.780~113.880辺りまで上昇後、揉み合いか調整。揉み合い上抜けで114.000~050辺りまで上昇。揉みあい下抜けか調整で113.600~650辺りまで下落。114.000~050辺りまで上昇した場合、その辺りで揉み合い。揉み合い上抜けで114.300~400辺りまで上昇。揉みあい下抜けで113.700辺りまで下落。114.300~400辺りまで上昇した場合で、114.445を60分足の終値で上抜いた場合、115.000を超えてくる可能性があります。
●シナリオ2
113.620~113.700の揉み合いを下抜けした場合、113.500~400辺りまで下落後、揉み合いか調整。揉みあい下抜けで113.300辺りまで下落。揉み合い上抜けか調整で113.700辺りまで戻す。113.300辺りまで下落後、揉み合いながら、113.250~200辺りまで下落。113.250~200辺りで下落後、大きな反発がなければ、そのまま113.050~000辺りまで下落する可能性があります。

FXの勉強したい方は、無料メルマガ会員登録!!

無料メルマガ会員に、FXに関するお役立ち情報を配信しています。
FX,メルマガ

 

<スポンサーリンク>



リアルタイムドル円予想 チャートの右側でドル円の値動きをリアルタイムで予想してみる

当日、ドル円の値動きの予想をリアルタイムでサイトやツイッターで公開するかもしれませんし、しないかもしれません。

追記・2017.11.1 ドル円展開予想の結果

FXの勝ち方

2017.11.1 FX(外国為替)ドル円展開予測・シナリオ ~FXの勝ち方~・まとめ

ほぼ、イメージ通りの値動きでした。
シナリオもかなり正確だったので、やり易かったのではないでしょうか?





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で