国内FX業者と海外FX業者の税金の違い

国内FX業者でトレードをして利益が出た場合、申告分離課税という扱いになり、所得の大小にかかわらず税率は一律20.315%になります。

対して海外FX業者の場合、以下の表のとおりになります。

課税所得税率(内訳)所得税控除額
雑所得扱いになり、20万円未満は非課税
20万円以上~195万円以下15%(所得税5%+住民税10%)なし
195万円超~330万円以下20%(所得税10%+住民税10%)97,500円
330万円超~695万円以下30%(所得税20%+住民税10%)427,500円
695万円超~900万円以下33%(所得税23%+住民税10%)636,000円
900万円超~1800万円以下43%(所得税33%+住民税10%)1,536,000円
1800万円超~50%(所得税40%+住民税10%)4,796,000円

また、国内FX業者の場合は、損益通算は3年間認められていますが、

海外FX業者の場合、例えば前の年に損失が出ていたというケースであっても、単年しか認められず、損益通算ができないというデメリットもあります。